Visaギフトカードを換金する方法


Visaギフトカードを質屋さんなどで換金していく方法

大抵の一番身近に思いつく、あるいは親しみの記憶があるVisaギフトカードの換金のための方法としては、やはり近くにある質屋さんの店舗などへ来店して持ち込んで現金化依頼を直接したりしていく形も考えられます。
ギフトカード本体の保存状態などが良ければ、かなりの還元率の高さで買取りがなされたりしていく可能性も考えられますので、利用価値が中々高いようにも見えます。

Visaギフトカードを質屋さんなどで換金するメリット

Visaギフトカードは実際にも、90%から95%という高値での換金(買取)率相場で取引がなされたりする事も少なくはありませんので、なるだけ遠くへは行かずに、近くにある質屋さんで換金依頼をしたいといった方には、とてもお勧めな方法や手段でもあります。
確かに以上のようなメリットなどもあったりしますが、これらはあくまで、東京や横浜、大阪、福岡その他の大都会圏内の地域にある質屋さんの利用の場合での話になります。

しかしVisaギフトカードを質屋で売るデメリットも

一方、このVisaギフトカードを売る方法を地方にある質屋さんの店舗で行う場合、今話した大都会圏内の地域よりも物価が安いという事情から、Visaギフトカードの換金依頼自体が、低い還元率で見積もり結果を出されたり、あるいは買取りでの完了がなされるような事も、決して少なくはありません。

それらの地方でのケースだけでは無くて、幾ら大都会圏内の地域にある質屋さんなどの中でも、悪質なところや儲け主義的なところが少なく無く、様々なトラブルのケースとかも報告をされたりしています。
そして換金依頼者である本人がやはり自ら来店をして交渉をしていくという形になりますので、悪質な質屋さんなどの場合には、1人あるいは2、3人程度で来店をしてきた換金依頼者本人(達)へ、何らかの形で威圧などを加えて無理やり低額で取引きを完了させたり、言葉巧みに高値で現金化をしてくれると言いながら、後で様々な理由を付けて著しく低額で買取りを行う、買取りだけでは無くて個人情報を引き出してそれで、本人(達)が何らかの犯罪などに巻き込まれたりする、等々、少なくない現状があります。

Visaギフトカードをネットオークションなどで換金していく方法

Visaギフトカードの換金をネットオークションなどを利用すると、送料込みの価格仕様で出品をしたりしていく事によってかなり、買い手である相手側としても安心して取引き交渉に応じやすいところがあります。
このため、とても信頼をされていくことによって、高値の相場での買取交渉をしてもらえる可能性もあります。

確かにこれ自体は相手側にもよりますので、確実に高値でのVisaギフトカードの換金依頼の交渉が出来るといった保証はありませんが、それでもやはり、後の展開を考えたりしてみるとかなり有利に高値の相場設定での現金化交渉を完了していけるところがありますので、決して無視出来ない方法・手段と言えます。

Visaギフトカードをオークションで売るのデメリット

しかしVisaギフトカードをオークションで換金する場合、郵送や配送などでギフトカード本体をいざ、郵送や配送した場合、相手側である買い手がそのまま音沙汰なども無く逐電(逃亡)をしてしまったり、あるいは非常に低い買取り見積額を提示されて「それで要求を呑まなければ、Visaギフトカード本体を返さない」などと強要をされたり、その他、様々なトラブルに巻き込まれたりする可能性も否定出来ません(実際にケースもあります)。

こうした以上の事から、幾らか手数料が掛かるような事があっても、なるだけ安全性の面と換金率の高さの確実性のある、大手買取事業者のところをVisaギフトカードの換金依頼で利用していく事が、後でも詳しく触れますが、やはりのぞましい感じも正直なところします。
しかしそれでも、そうしたところではデメリットやメリットが必ずありますので、完全な安全策とは言えないところも確実にあります。

こうした事情から、どのようにして如何に、リスクの度合いを減らしながらVisaギフトカードの換金依頼による現金化を達成・完了していけるかが、オークションでの最大の課題です。

Visaギフトカードを大手買取事業者を利用して換金していく方法

先に話した質屋で来店するデメリットの現状から、Visaギフトカードを大手の買取専門業者に郵送・配送などをした上で買い取ってもらうという、Visaギフトカード換金方法がありますが、それでもやはり、送料がある程度掛かるようなことも珍しくはありません。
ただ、中には送料自体を返送分の場合も含めて、全て持ってくれたりするようなところもあったりしますので、そうしたところは大いに活用をしていく価値があります。

また、店頭とオンラインでの両方でVisaギフトカードの買取を受け付けているところも多く存在していますので、お仕事その他の何らかの事情で近くに赴く際には店頭で、距離が遠い場所にいたりする際には電話やメールその他からなるオンラインで、というような感じで使い分けをしていく方法も、とてもベストと言えます。
信頼出来る大手買取事業者であれば、とてもお得な特典サービスを用意したりしているところもあったりしますので、そうした面でも大いにVisaギフトカードを換金していく意義はあります。

Visaギフトカードを郵送で換金するデメリット

自らの公式サイトなどでは如何にも、優良買取専門業者や優秀事業者などと名乗ったりはしているものの、実際には悪質な現金化事業をやっていたりする実態の大手買取事業者なども、少なくない現状です。こうした点などは、やはり先の話した質屋さんのVisaギフトカードの換金のケースなどの場合と同じです。

もう1つは、実際に元々持っていたVisaギフトカード等のギフトカード類を現金化していくという形ではなく、クレジットカードを利用して新しくギフトカード類を購入をしたりしたような場合に、そのクレジットカード自体が利用停止になるトラブルです。

これは金融学分野の専門家である方も話している事でもありますが、ギフトカードは法律上の金券などに分類をされるという、現金化をし易い有価証券の商品になります。
現金化自体が容易なため、クレジットカード会社などは目を光らせたりしていますので、急に沢山かつ高額であるVisaギフトカードや商品券とかを購入したりした場合、利用停止になってしまう可能性が大いにあります。

幾ら大手買取事業者ではあっても、このような各デメリットがありますので、この点も視野に入れながら利用を検討していく考えが大切です。

Visaギフトカードの換金をしていくメリット・デメリットについて

メリットについて

このVisaギフトカード自体は三井住友Visaカード社が発行をしているものになりますが、これ自体はクレジットカード会社が発行をしている商品金券類になります。
先程のデメリットのところでも話したように、カード会社が一度で大量購入される事を警戒する程、クレジットカードでの購入が容易であり、多くの買取専門業者や質屋さんなどで現金化がしやすいところが、最大のメリットです。

そして、90%以上という買取(還元)率での換金による高額な現金化が可能です。
また、こうしたVisaギフトカード等のギフト券類は有効期限を設けていないものも少なくは無いため、ある程度の古さなどがあっても、買取率が高くて価値に変化もありませんので、そうした点でも買取依頼をしていく価値があります。

Visaギフトカードを換金するデメリットについて

先にも話したように、Visaギフトカードという、カード会社発行の金券類ですので、基本的にはデメリット自体が少ない感じがします。
しかし一方、その分、同ギフトカード種類の場合には、店舗販売では現金購入しか出来ず、その上、オンラインでのVisaクレジットカードでしか購入して換金依頼での現金化しか出来ないという実態があります。

また、オンラインでの買取依頼の場合、送料やその他の各種手数料なども掛かる場合も少なくはありませんので、無事に現金化そのものがなされたりしても、90%以上という高買取率自体も意味が無くなります。

Visaギフトカードの換金を扱う、幾つかの大手買取事業者

大黒屋

現在、東京都千代田区の丸の内地区に本社を構え、全国各地にフランチャイズ店舗を構えている事業規模が大きい、大手買取事業者の1つになります。
実はここは本社を含む全国店舗への来店とオンラインでの両方での、買取依頼が可能になっている事業者でもありますので、そうした点でも大変注目をされたりしているところでもあります。

来店での買取依頼の場合、そのまま直接査定に入る事が可能ですので、運転免許証などの身分証明書類を用意して見せれば、直ぐに出来ます。Visaギフトカードの換金などの場合には、97.5%というかなりな高値の買取率での現金化が可能になりますので、とてもお得なところがあります。
開店時間も、午前10時から午後20時までで年中無休ですので、土日・祝日やお正月・お盆などの時期でも安心して来店が可能です。

一方、配送でのVisaギフトカード買取依頼の場合、公式サイト上にある買取申込書をプリントアウトをしてこれに必要事項の記入を行い、商品本体と同封して配送、あるいは、その仕様と同じ書式の申込書を同社がFAXで送り、それに記入してVisaギフトカードと送るというような形になります。
電話では受け付けていません。

アクセスチケット

ここも今話した大黒屋と同じく、実店舗を関東・甲信越・近畿などの各地域に展開をしている、現在、神奈川県相模原市内に本社を置く大手買取事業者の1つになります。

店舗の開店時間はどこも基本的に朝10時から、18時か19時、20時までになっていて、毎週あるいは隔週で水曜日が定休日、あるいは年中無休のところ等々、実にまちまちです。
それでも土日・祝日、お正月・盆休みなども営業をしていますので、来店での買取依頼がし易い点でとても好評です。

Visaギフトカードの買取率に関しては、額面500円で96.5%、1千円と5千円で98.3%、VJA横浜中華街限定全額面で70.0%となっていて、大変高額な買取依頼が可能になっています。

今度は配送での買取依頼になりますが、ここもやはり電話では無く、公式サイトにある買取依頼書をプリントアウトして、それに記入して商品本体を同社本店へ配送していくというような形です。
ただ、土日着分は月曜日着、祝日着分は翌日着、祝日着でその翌日着の場合には更に翌日着というような形で、到着順に査定をしていくという流れになりますので、この点をご理解した上で、ここの配送買取サービスを利用していく事が大切です。

Visaギフトカードの換金する方法のまとめ

やはり、Visaギフトカード本体が90%以上といった、かなりな高値での買取率で換金をされていくという点がまさに、経済的恩恵を多くの世の中の所有者(買取依頼者)の方へもたらしていくという、とても良い実態が最もなメリットと言えます。
その上で、質屋さん・ネットオークション・大手買取事業者などを利用しながら、それらでの買取依頼をしていくというような形があり、それらについて触れていくメリットのあり方ですので、そうした面でも同ギフトカードの存在は不可欠です。

これも以前の各デメリットのところで話してきた事でもありますが、やはり、オンラインでしかクレジットカードでのギフトカード類の購入が出来ず、それで一度に大量購入をしたりした場合、あるいはその気配をクレジットカード会社側が察知をしたりした際には、クレジットカード利用が停止になるという問題があります。
新たにVisaギフトカードの購入をしてからそれの換金をしていきたいといった方は特に、この点に関しての注意が必要です。

そして、大都会圏内以外の地方各地にある質屋さんなどでVisaギフトカードを買取依頼をする際には、元々、買取率が大都会圏内の地域にある店舗よりも低いといった実態もあり、その点を理解をしながら利用をしていくといった必要性があります。
また、オンラインや配送でのVisaギフトカード買取依頼の場合でも、どうしても配送料やその他の各種手数料とかが掛かる場合も少なくありませんので、この点がやはり、地方各地の田舎町に住んでおられたりする方の場合には、大きな課題でもあります。


関連する業者

トップへ