Vプリカの特徴と残高をきれいに処理する方法


Vプリカはインターネット専用のプリペイドカード

プリペイドカードの一種に、ライフカードから提供されている「Vプリカ」があります。プリペイドである為、事前にチャージした金額の範囲内で利用します。
なお、一般的なプリペイドカードとは違って実店舗では使えず、インターネット専用となっています。インターネット上にある「VISA加盟店」なら、世界中のどこでもクレジットカードと同じように利用できます。
Vプリカは実店舗では使わない為、通常のプリペイドカードのようなプラスティックカードが発行されません。いわゆる、バーチャルカードです。

審査について

クレジットカードのような信用買い(支払いの後払い)をしない為、審査がありません。18歳以上であれば、誰でも利用できます。

他のプリペイドカードとの違い

Vプリカはチャージ残高が無くなると使えなくなる使い捨てタイプになっており、クレジットカードのように悪用される心配がありません。
また、登録には名前の入力が必要になりますが、ハンドルネームで構わない為、匿名での買い物が可能になります。
その点が、インターネットでのショッピングにクレジットカードを利用したくない人にVプリカがよく利用されている要因です。番号の漏洩が気になるのであれば、Myページから簡単に番号を変更できます。

Vプリカの購入とアカウントの登録方法

簡単に登録いただけます

Vプリカはコンビニで販売されており、手数料(基本200円)を加えた金額で購入します。購入後、アカウントを作成してコード情報を入力すれば、その日の内に利用できます。
また、10枚まで保有することが可能であり、複数のVプリカを利用すると最高で10万円まで買い物ができます。

コンビニで販売されているVプリカには以下の種類があります(左:額面、右:購入金額)。

  • 2,000円券:2,200円
  • 3,000円券:3,200円
  • 5,000円券:5,200円
  • 7,000円券:7,280円
  • 10,000円券:10,390円

アカウントの作成手順

1.Vプリカの公式サイトにアクセスし、「アカウント開設」をクリックします。
2.利用規約が表示されるので、必要事項にチェックを入れて「次へ」をクリックします。
3.メールアドレスなどの必要事項を入力します。Vプリカから登録したメールアドレスにメールが届きます。
4.Vプリカのトップページからログインし、コード入力画面で購入したVプリカのコードを入力すれば、アカウントの登録が終了です。

Myページには購入したVプリカのカード番号・有効期限・セキュリティコード・カード名(ハンドルネーム)が表示されます。なお、インターネットから購入する場合は、500円券から30,000円券まで8種類があります(要手数料)。

Vプリカの有効期限とセキュリティ

3Dセキュアを搭載

Vプリカの有効期限

金額のチャージから1年間です。それを過ぎると、残高があっても残高が消滅します。
また、有効期限の前であっても、3ヶ月間利用していないと「休眠カード」扱いになり、維持費として125円がかかります。維持費はVプリカを利用しない限り毎月発生し、Vプリカ残高から引落されます(残高が125円未満の場合は、残っている金額が引き落とされます)。

セキュリティは万全

仮に、Vプリカを使わない時は、Myページでセキュリティロックをかけておけば、不正利用を防止できます。
また、Vプリカを利用するごとに、メールで案内される「メール配信サービス」が備わっています。従って、不正利用された場合でもすぐに気づくことができます。
さらに、VISA認証サービスの3Dセキュアにも対応している為、本人認証を行わないと決済ができません。Vプリカを利用すれば、聞いたことのないネットサイトでの買い物でも不安が無くなります。

注意点

なお、公共料金や電話料金、プロバイダ料金など、月額・継続契約の利用料金の支払いにはVプリカは利用できません。
また、コンサートチケットや航空券など、後で提示が求められる可能性のある加盟店での利用も不可です。

Vプリカの残高の消化方法

残高をすっきりできて気持ちぃ♪

Vプリカにチャージした後は、現金に引き出すことができません。つまり、使い切らないとお金を損することになります。お金が残った場合は何かを購入するのが一番手っ取り早い消化方法になります。
その時に最も便利なのが、Amazonギフト券です。Amazonギフト券のEメールタイプや印刷タイプであれば、15円以上1円単位で購入できるため、残高をきれいに処分できます。

Amazonギフト券の購入手順

1.Amazonのサイトにアクセスし、「ギフト券」をクリックします。
2.ギフト券の種類を選びます。1円単位で購入できるEメールタイプを選択します。
3.デザインを選択します。
4.金額(Vプリカの残高)を入力します。
5.金額、受取人の名前、受取人のメールアドレス、メッセージ、数量、送信日などを入力します。入力後、「レジに進む」をクリックします。
6.所有するAmazonのアカウントへログインします。
7.支払い方法で「クレジットカード」を選択し、種類を「VISA」にします。
8.Vプリカのカード番号、名義人、有効期限を入力します。
9.最後に、「注文を確定する」をクリックすると、ギフト券の購入が完了です。

申込完了後、5〜10分以内には指定したメールアドレスにAmazonギフト券が送信されてきます。
クレジットカード現金化に活用できるのか

Vプリカのチャージは公式サイトからクレジットカードでもチャージできます。その為ショッピング枠現金化業者を使いたくない方は、上記のアマゾンを活用した方法で現金化が可能です。購入したAmazonギフト券を買取業者に売れば現金化完了です。

残高を生かしたい場合

Vプリカを継続して利用するのであれば、残高で無理に物を購入しなくても、新しいVプリカを購入して残高を合算することができます。当然、端数まで全額を繰越せます。

インターネットから新しいVプリカを購入して合算するには以下の手順で行います。
1.VプリカのサイトからMyページにログインし、「発行・購入」欄の「Vプリカ購入」をクリックします。
2.購入するカード券、カードのデザインを選択し、カード名を記入します。カード名には以前のVプリカの名前が入力されています。変更もできます
3.「既存Vプリカの残高を加算できます。」と表示されているので、以前のカードのラジオボタンにチェックを入れます。すると、新しいカードの金額に以前のカードの残高が加算されます。なお、新しいカードを購入すると、番号が変わります。
4.支払方法を選択し、「次へ」をクリックします。
5.内容を確認し、「Vプリカ購入」をクリックします。
6.カード会社の本人認証のページが表示されるので、パスワードを記入し、「送信」をクリックします。これで、Vプリカの購入が完了です。

「カード情報」をクリックすると、新しいカードの情報や新しい残高などの内容を確認できます。また、「購入履歴」から過去の情報を見ることができます。

クレジットカードには無いVプリカのメリット

あなたに当てはまるかも

クレジットカードの代わりができるVプリカですが、クレジットカードには無い以下のようなメリットがあります。

・年会費を無料で利用できます。
・信用情報などの関係でクレジットカードが作れない人でも、Vプリカなら所有することができます。当然、学生でも所有できます。
・事前にチャージしている金額以上は利用できないため、防犯面でも安心です。また、実物のカードが発行されないため、紛失や盗難のリスクがありません。
・簡単な登録のみですぐにアカウントが発行されるため、その日の内に利用できます。また、会員専用ページも付与されます。
・本人確認や銀行口座の登録などが一切必要ありません。
・国際ブランドが世界シェアNo.1のVISAのため、使用できない店舗がありません。
・クレジットカードの場合はカード会社から利用明細が送られてきますが、Vプリカは利用明細が送られてきません。従って、Vプリカの利用を家族に内緒にしておけます。なお、利用明細はMyページで確認できます。
・iPhoneとAndroidの両方に対応した「ライフカードVプリカアプリ」があり、Vプリカの残高を手軽に確認できます。

なお、Vプリカには実店舗では利用できない、使い捨てのために追加のチャージができないというデメリットもあります。


関連する業者

トップへ