悪質なクレジットカード現金化事業者の存在について


悪質な業者は存在する

事実問題として、悪質なクレジットカード現金化を行う事業者は、実際に存在しています。
そして、そのような現金化事業者が、実際に問題を起こしたりして警察や検察などに逮捕や告訴をされるなど刑事事件や、民事賠償訴訟なども起きたりしています。
ただし、ここで気を付けなくてはならない点はといえば、これらのような悪質な現金化事業者といったものの大半が、自らが運営をしている公式サイト上などにおいて、異常に高い現金化率の表記などをしたりしているところです。95%から99%までの間の範囲での、我が国全体の人口比率とはとても合わないような、どう考えても高過ぎる現金化率についての数値の表記自体が特徴的といえますので、これで判別できる可能性もあると言えます。ただ、この方法による判別のやり方のみで、悪質な現金化事業者などとは簡単に判別をしたりする事などは、決して容易な事ではありません。
こういった悪質な業者自体も、決してワンパターン的なものでは無くて、様々なあらゆる方法や手段などを常に研究をしたりしていてその余念などを欠かせないようなところもありますので、それだけに巧妙なところがあるという点は、間違いが無いものといえます。クレジットカード現金化の際での、そのカード情報を悪用して闇金業界などへその本人の個人情報を承諾なく売り渡したり、あるいはそのクレジットカードの名義人である本人に成りすまして詐欺などの行為を働いたり、実際の現金化の相場などよりもわざと著しく低い金額で応じたりする等々、様々な悪質さがありますが、それらもほんのわずかな基本的な例といえます。

所在地の確認が必要

それではこちらの段落においては、さらなる悪質な現金化事業者に対応していく方法について、触れていきます。
先程の段落では異常な現金化率(換金率)の高さについて触れてみましたが、ここではそれ以外の判別が可能な方法などについて、今から見ていきます。ここで挙げられる換金率などを目安にして判別をしていく以外の方法や手段としては、やはり、その現金化事業者が実際に自らの店舗を構えているか否かについて、その真実性を確かめてみる方法です。
そして実際に赴いたり、そこの現金化事業者の担当者による質疑応答とかで店舗の有無を確かめたり出来るような方法の形になりますが、それらの方法で確実性のある確認などが出来れば、ある程度の安全性などといったものが保証をされたりするかもしれません。
しかしながら、それでもどうしても確実かつ完全な安全性といったようなものが、決して保証をされたりする訳ではありません。この点についてもようく認識をしておく必要性があります。実際に店舗建物や事務所などがあったとしても、実際に赴いたりした際などに、どのような交渉の応じ方をしたりしてくるのかはわからない場合も十分に有り得ますので、やはり実際の店舗や事務所へ赴くクレジットカード現金化での取引交渉などは、信頼出来る方と最低でも2、3人くらいで赴いたりする形の方が安全かもしれません。ただ、そうしたクレジットカード現金化での取引での対応のやり方でも完全に安全という保証はありませんので、注意が必要かもしれません。

悪質業者に合わないために

そもそも、クレジットカード現金化そのものは確かに違法ではありませんが、それ自体を自分以外の第三者にあたる現金化事業者へ依頼をしていくという形になりますので、どうしても確実に信頼出来る事業者ばかりに依頼が出来るものとは限りません。それでも確かに信頼出来る、あるいは十分信用が出来る現金化事業者なども、確かに実際に存在していますので、利用してみる価値は大いにあります。確実に安全性そのものが保証をされたりするという訳ではありませんが、それだけに確実性のある、信頼に値をする業者を探していく努力といったものが、換金希望者本人にとって必要になってくるという点は、間違いが無いものと考えられます。
このため、その現金化という行為そのものを、完全に安心して任せられる現金化事業者探しといった形は、不可避的な課題であるといえるものかもしれません。ここで考えられる最善の方法としては、実際に現金化事業者を利用して現金化を実際に行った過去がある経験者の方との接触などをしてみて、意見やアドバイスなどを本人から直接仰ぐ、助言を受けたりするなどといったような形が、一番最善の方法とも考えられる余地があります。
幸いな事に現在はインターネット環境などがかなり整備をされたりしていますので、相談コーナーなどを利用して、クレジットカード現金化などに関しての経験者などへの呼びかけを試みたりしていくというあり方も、大変お勧めである方法の形といえるかもしれません。


関連する業者

トップへ