悪徳クレジットカード現金化業者の最新の手口


悪徳クレジットカード現金化業者とは

クレジットカードのショッピング枠を専門の業者などを利用して現金化する事を、クレジットカード現金化と呼びます。
急にお金が必要になる事は誰でも起こりえますが、キャッシングなどをお金を借りようと思うと審査などがあり時間が掛かってしまいます。
しかし、クレジットカード現金化の場合には、自分の持っているクレジットカードのショッピング枠に空きがあれば後は身分証明書などがあれば申込後に、すぐに現金化する事が可能で急いでお金が必要な時には大変便利なシステムです。
ただし、クレジットカードの現金化を行う業者は、小さい業者を含むと数千以上の業者があると言われており、残念ながらその中の業者で悪徳業者が存在すると言われています。
インターネットでクレジットの現金化で検索すれば多くの業者が出るのでその数の多さはすぐに分かります。
悪徳業者と言われている業者は、現金化をしても還元率が低かったり、高い手数料を取ろうとします。
お金が必要で現金化をしようとしているのに、悪徳業者に引っ掛かってしまったのでは、元も子もありません。
そのため、急いでお金が必要で業者を探している時でも、見つけた業者をすぐにそのまま利用してしまうと、その業者が悪徳業者である場合があり非常に危険です。
悪徳業者と呼ばれる業者の手口は、年々巧妙になっておりぱっと見た感じでは優良業者との区別が難しくなっています。
だからこそ、悪徳業者に引っ掛からないためには、その手口や特徴を知っておく必要があります。

悪徳クレジットカード現金化業者の見極め方

クレジットカード現金化を業者をよく調べずに行った場合に、通常なら業者から指定された商品を購入して商品が届き、口座にお金が振り込まれるのが普通ですが、悪徳業者の場合には、商品自体に何の価値もない物を購入させて現金を振り込まないというパターンが増えています。
インターネットでネットバンキングを利用すれば24時間対応と書かれており、その言葉で何も考えずに申込んでしまうと、中には悪徳業者が多く存在しています。
優良な業者の場合には、申込んだ人に新幹線特急券やギフト券などを購入させるのが、一般的です。
しかし、悪徳業者の場合にはただのぬいぐるみやその金額の価値が無い商品を何万円で購入して下さいなどと持ちかけて来ます。
このように購入させようとしている物が、価値が無い場合にはそのクレジットカード現金化の業者は悪徳業者ですので、言われた通りに購入してしまうとお金が振り込まれないという詐欺に遭ってしまう危険があります。
そのため、価値のない物を購入しろと持ち掛けられた場合には、その場でキャンセルをしないと騙されてしまいます。
すぐにキャンセルをして違う業者を探す必要があります。
また、騙されるだけではなく、口座情報などを悪徳業者に教える事になり、悪用されてしまう危険がありますから購入させようとしている商品に気を付けて下さい。
悪徳業者と優良業者は、購入させようとする商品が違うのでその点がまず見極めるポイントになります。

クレジットカードの不正利用の危険性

クレジットカード現金化の悪徳業者のその他の手口は、優良な業者なら聞かないカードの暗証番号やセキュリティコードなどを聞き出し、申込者のクレジットカードを不正利用しようとする場合があります。
もし、必要のないクレジットカードの情報を要求してくる場合には、悪徳業者の場合が多いのですぐにキャンセルする必要があります。
このような悪徳業者の場合にはホームページを見ると、高い還元率を謳っていながらよく見ると高い手数料が掛かるようになっていたりします。
あまりにも高い還元率を謳っているクレジットカード現金化の業者は、怪しいので避けた方が安心です。
また、ホームページの内容と申し込んだ時の案内の内容が違う場合にもそれは悪徳業者ですので、すぐにキャンセルして下さい。
現金化を利用する時には、ランキングサイトや口コミなどを鵜呑みにして、そのまま利用してしまう場合がありますが、その選び方も危険です。
現金化の業者を決める時には、ホームページだけではなく電話での案内なども利用して慎重に調べてから、業者を選ぶ必要があります。
またホームページに、会社の住所や連絡先が一切掲載されていない業者もありますが、このような業者は悪徳業者ですので、避けた方が安心です。
お金が必要で現金化をするのに、詐欺に遭ってしまったら大変です。
急いでいても業者選びは、慎重に行ない還元率に飛びつくのではなく、まずは安全性の高い業者を選ぶ事が大切です。


関連する業者

トップへ