モアタイムシステムって何?その魅力について


モアタイムシステムについて

モアタイムシステムというのを知っていますか?とても便利なシステムなので、知っておくと今後便利になりますよ。では、詳しく紹介します。
これまで銀行や信用金庫などの金融機関の振込というのは営業時間内にしか反映されませんでした。一般的な金融機関の営業時間は平日の午前9時から午後3時までであり、時間外の振込は翌営業日の営業時間内に反映されることになります。
これは、ショッピング枠現金化で銀行口座を使っているなら知っている人が多いですよね。銀行の営業時間が案外短くて不便だと思ったり、中には支払いが間に合わず失敗した人は少なくないでしょう。これまで銀行を利用してきた人はこれが普通だと思っていますよね。

今までの24時間対応銀行との違い

ただ、モアタイムシステムによって、大きく変わってきているのです。
近年では、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、往信SBIネット銀行、ソニー銀行といったインターネットバンキングや一部のメガバンクでの同じ銀行時間の振込は24時間即時反映されるようになり、とても便利になりました。
ただし、この365日24時間反映されるのは同行間の振込のみで、クレジットカード現金化業者がすべてのネットバンクに対応していないため、どの銀行でもすぐに入金されるわけではありませんでした。

ショッピング枠現金化が便利に!

モアタイムシステム導入より、他の業界も便利になっていくでしょう。それは、クレジットカード現金化業界です。

モアタイムシステムの利便性

これまで24時間対応のネット銀行でなければ即日振り込みが出来なかったのですが、ほぼすべての銀行口座で即日反映されるので、すぐに現金を受け取ることが出来ます。わざわざ入金されないから来店して現金渡ししてもらう手間もなくなるのです。
それにお金を調達したい人は出来るだけすぐに借りたいと思っている人が多いので、モアタイムシステムの導入によってクレジットカードのショッピング枠現金化がすごく便利になりました。
そして、このシステムのおかげで夜間や早朝に対応する現金化業者がどんどん増えていくと予想されます。
新規参入する現金化業者が増え、競争すれば、サービスがどんどん良くなっていき、利用者にとってもメリットが大きくなるでしょう。利用者にとっては良い話ばかりですね。

どんな金融機関がモアタイムに参加しているの?

モアタイムシステム参加金融機関一覧

サービス開始当初は504の金融機関がモアタイムシステムに参加しており、都市銀行、地銀はもちろん、信用金庫、信用組合なども多数参加しています。
モアタイムシステム参加金融機関一覧
全国にある金融機関の中ではみずほ銀行、JAバンク、ろうきんなどが対応していないのですが、その他の都市銀行や主要な地銀であればほぼ100%対応していると考えていいでしょう。
このように見ると、ほとんどの銀行が導入しており、今導入していない銀行でも、今後徐々に導入していく可能性がありますね。銀行の営業時間は短いのでモアタイムが導入されることで、便利になる人が大勢いることでしょう。今後ももっとモアタイムシステムが便利になってショッピング枠現金化がしやすくなると良いですね。

モアタイムシステムによって解消できる点

銀行が不便だと思っている人もたくさんいるでしょう。
特に働いている人は、昼中に銀行に行くことができませんので、モアタイムシステムによって仕事帰りでも当日振込が可能となるのです。
人によっては銀行に振込をしないといけない為に半休を取る方もいるかもしれません。それだと仕事の効率も下がりますので、モアタイムシステムはとてもメリットが出てきます。
その為、もしモアタイムシステムについてあまり知らないなら上記の記事を読んでどういったシステムなのか詳しく知っていくことをおすすめします。

注意点について

モアタイムの注意点

1. 毎月振り込まれる給与に関しては対象外

給料日の振込は膨大な件数となるからでしょう。給料だけはモアタイムシステムが適応されないので、注意が必要です。

2. 口座反映時間は金融機関によって異なる

特に日曜夜間はほとんどの金融機関が振込の即時反映には対応していません。
理由は日曜日の夜間がシステムメンテナンス時間に充てている為、反映されないのです。どうしても月曜日の早朝に着金していないといけない場合は、日曜日の夕方にまでにショッピング枠現金化を完了させるように心がけると良いでしょう。

このような注意点があるものの、メリットもたくさんあります。例えば、平日の夜間でも振込可能、土日祝日の振込が出来るなど魅力がたくさんあるので、上手にモアタイムシステムを活用してショッピング枠現金化をしていくようにしましょうね。


関連する業者

トップへ