メルカリでのクレジットカードを現金化できなくなったことについて


メルカリで現金化が禁止になった訳

メルカリを利用して、クレジットカード現金化をしたい…と考えている方も多いのではないでしょうか。メルカリは、フリマアプリとして人気となっており、色んな方が利用をしています。そこで、こちらのメルカリを上手く利用して、カード現金化を考えている方も少なくありません。
そこで、メルカリでクレジットカードの現金化をすることは出来るのでしょうか。
メルカリでのクレジットカード現金化をする場合、まずは、換金性の高いものを出品することが必要となります。たとえば、ギフト券などの金券類です。しかし、最近では、メルカリでもこれらの金券類を出品することが出来なくなっています。以前までは、これらの金券類の中でも出品することが出来るものもありましたが、禁止の出品物については、どんどん更新されており、現状の出品物までも削除されているという状態です。このため、出品をする場合には、事務局に問い合わせてからではないとガイドライン違反となってしまう可能性が高いといえるでしょう。
なぜ、メルカリでこのように、金券類が出品できなくなったのかというと、カード換金をしようとする、クレジット現金化業者がメルカリに多数これらの金券類を出品していたからであるとされています。
出品されていたものは、全てクレジットカード決済で購入をすることが出来るということから問題になり、現金類の出品をすることがこういった問題が出てきてから、禁止されるようになりました。

メルカリで現金化するとクレジットカードが停止に


このように、以前までは、フリマアプリであるメルカリですが、こちらでクレジットカード現金化をすることが可能でした。金券類の出品が可能でしたし、ギフトカード類などをクレジットカード決済で購入をして、そしてその後出品をして現金化するという方法が可能だったのです。しかし、メルカリでは、こういったカード現金化業者が増えてしまったことによって、問題となりました。その後、こういった現金類の出品が禁止されてしまうようになったのです。
現金類の出品に関してですが、たくさんのものが随時禁止となってしまっていますので、出品をすることが出来ません。また仮に出品をしても、削除されてしまうことになります。
さらに、メルカリでカード現金化をした場合、さまざまなリスクやデメリットがあるといえます。
まず、メルカリでのカード現金化ですが、カード会社に知られてしまうことで、色んなリスクがあります。メルカリでカード換金が目的で、現金化をしていることがバレてしまうと、強制解約となってしまうことがあります。今後カードを使う事が出来なくなってしまったり、規約違反となってしまいますので、使用した分などを一括で返済しなければならなくなってしまうこともあります。煩わしい手続きなどもなく、簡単にメルカリではクレジットカードの現金化が出来そうにありますが、最近では、出品が自由に出来ないのと、このようにカード会社にバレてしまうリスクもあるので、危険と考えられています。

メルカリで現金化できない場合の他の手段


このように、メルカリでクレジットカード現金化をするという方法ですが、とても手軽ですし、簡単な方法なので、是非現金化をしたいと考える方も少なくありません。
しかし、その分、デメリットやリスクなどもあります。最近では、現金類などの出品が禁止とされていますので、メルカリで規約違反となる可能性もありますし、カード会社からもバレてしまうことで、カードが停止になってしまうというリスクもあります。
そこで、安全な方法で、クレジットカード現金化をするためですが、やはりクレジットカード現金化業者を利用することがおすすめです。
一昔前までは、店舗でしか利用することが出来ませんでしたが、今はクレジットカード現金化業者がいくつも存在しています。このため、パソコンやスマートフォンから、このような換金業者を利用して、クレジットカードの現金化をすることが出来ます。
申し込みから振込までの流れも、対応が早いところも多いですし、メルカリで出品したギフト券などが売れるのを待つよりも、スムーズですし、確実にカード換金をすることが出来るようになっています。さらに優良な現金化業者であれば、商品購入のための、ネットショップを経営しているということもありますので、カード会社に現金化が目的の利用であると睨まれてしまうリスクも低いです。手軽な資金調達として使えていたメルカリですが、今はこのように取り締まりが厳しくなっていますし、現金化で安易に利用することはお勧めできません。


関連する業者

トップへ