ファクタリングの仕組みや利用するメリット


ファクタリングを良く耳にすること

ビジネスの世界では、よくファクタリングのことを耳にすることが増えてきました。それは、企業間の取引においてのことです。
債権回収の際にファクタリングを利用する場面が多くなってきたことです。債権回収は企業間の取引の中では、とても大切なことです。
債権には売掛金と買掛金があります。
企業が取引先に販売した時に出てくるのが売掛金。
逆に企業が他の企業から物やサービスを仕入れた時の債権が買掛金となります。
売掛金と買掛金。何れにしてもお金が動くことになります。売掛金を無くすために、販売した相手企業からお金の回収をしなくてはなりませんし、仕入れた相手先には、お金を支払う義務があります。

理想的な資金調達

ここで理想なことは、できるだけ早く売掛金を回収して現金化することと、できるだけ遅く買掛金に対する支払いを遅くするかです。
そうすることで、手元に残るお金にゆとりが生まれてくるのです。いわゆるキャッシュフローの改善です。そうすることで、銀行などの外部金融機関からの借り入れをする必要がありません。
お金を自社内に蓄えておくことで、かなりのゆとりが生まれてきます。このような状態にしておくことが、健全な経営を実現することに繋がるのです。
したがって、売掛金をできるだけ早く現金化することや買掛金への支払いに期間を据え置くことなどの条件を設定することで、少しでもキャッシュフローを良くして、会社の資金調達が上手くいくようにすることが重要なのです。

ファクタリングが誕生する前

ファクタリングは、現金化や支払いに大きな効果を発揮してくれます。このファクタリングが誕生する前は、資金の工面をすることに奔走している企業がたくさんあったのです。
倒産を免れるために必死になって、資金調達を行ってきた経理担当者がたくさんいたはずです。
企業の理想的なお金を回し方は、売掛金のある取引先から、できるだけ早く債権を回収して現金化すること。
そして、その現金に基づき買掛金のある企業へ支払いをすること。
これが一番、理想的なパターンです。

銀行から融資を受ける

しかし、どの企業も考えていることは同じで、できるだけキャッシュフローをよくしようとしています。よくあるのは、債権の回収サイトを長くすることです。
手形で回収日起算60日や180日という期間が設定されるのですが、買掛金の現金化が遅くなります。支払う側からすると、それだけ支払いを遅くすることができるので、資金にゆとりが生まれてきます。
しかし、このことによって、回収できる債権の現金化より、買掛金への支払期日が先に訪れることにより、一時的に資金負担が発生するわけです。このようなことから、自転車操業をしている企業は金融機関から、融資を受けて、支払のためのお金を作り対応する方法が出てくるのです。
しかし、融資に時間がかかったり、融資そのものが受けられないこともあり、倒産してしまうことが出てきます。いわゆる連鎖倒産です。このようなことを避けるためにも、キャッシュフローを良くしておく必要があるのです。

ファクタリングの仕組みとは?

このように連鎖倒産を防ぐためには、ファクタリング制度を上手に利用することです。ファクタリングの特徴は、売掛金の回収サイト前に現金化することができることです。
本来であれば、回収サイト後に回収先の企業からの支払いで、お金を回収するのですが、その期日前に現金化できるのです。
その仕組みは、ファクタリング運用会社の存在です。
買掛金の権利を運用会社に譲渡します。

そうすることで、サイトを待たずに現金化することができるのです。
これがファクタリングの基本的な仕組みです。

早期現金化

自社と売上先の間にファクタリング会社が入り、債権の早期現金化が実現できるわけです。
そうすることによって、支払先への支払いも可能になってきます。この制度ができるまでは、資金調達にかなり頭を悩ましている企業が数多くありました。企業間の取引でも回収条件を見直したり、条件をそのものを自社に少しでも有利にするための改善交渉をするケースも少なくありませんでした。

しかし、あまりにも回収条件にこだわることで、取引そのものが無くなるケースもあり得る話です。回収日条件の交渉がこじれることで、まとまる商談もご破算になるという本末転倒なことも珍しくはありません。
このことから、企業の多くは売上先の回収条件を飲まざるをえないこともなり、結果的に資金調達に奔走しなければならなくなっていたのです。
しかし、この仕組みができたおかげで、その労力もかなり軽減されてきたと言えます。ファクタリングは、まさに企業間取引において大きなインパクトとなっています。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは、企業間の取引における支払いにとっては、大きな救援策と言えるでしょう。ファクタリングを利用するメリットは、前述の通り回収期日を待たずに現金化できることです。回収前に買掛金企業への支払いを無事に済ませるために必要なお金を準備できることです。
資金を用意するために、銀行等の金融機関から融資を受ける必要もありません。銀行から融資を受けるためには、煩雑な申請手続きを経て、資金を調達しなければなりません。
そのためには、色々な条件を提示されたり、融資が受けられることになっても、それなりの日数が必要になってきます。このことから、できるだげ早く対応したくても、金融機関の都合だけで、時間がかかってしまいます。

中小企業の強い味方

企業によっては、中小企業、零細企業が融資を受けられないこともあります。経営体質は決して悪くはないものの、一時的な資金不足で倒産の憂き目に遭う会社もあります。
そのために、どうしても次なる資金調達ができる方策が必要でした。新規に会社を起こすための資金調達ではなく、支払いのための資金調達です。
一定の期日が過ぎれば、資金を準備中することが明確になっているにもかかわらず、日程の都合だけで支払いができないというジレンマから抜け出すことができるのです。
この制度のおかげで、経理担当者も銀行からの融資に汗を流すという余計な苦労からも解放されていけます。自社の本業に専念できるわけなので、まさに企業間取り引きでは、必要不可欠な仕組みと言えます。

ファクタリングのデメリット

企業の取引において、資金調達のハードルを低くしてくれファクタリング制度です。
しかし、決して良いことばかりではありません。
デメリットがあることも事実です。1つは、金利見合い分を差し引いた額でしか、現金化できないというということです。買掛金のリスクをファクタリング会社が受けて、現金化するわけです。そのために手形の記載額全額が現金化できるのではなく、予め金利分が引かれた金額になることから、利益等が圧迫されてしまうケースが発生することを理解しておく必要があります。
また、銀行からの融資ではないために、買掛金の額以上の金額を現金化できるわけではありません。
そのようなことから、資金調達とファクタリング制度に100%頼ることは禁物です。

利用頻度に気を付けよう

そして、この制度の利用頻度です。金融機関からの融資が難しい中小企業・零細企業にとっては、救いの神とも言える制度です。
しかし、あまりファクタリングの制度を頻繁に利用していると、取引先から、支払い能力に疑問も持たれることになります。ファクタリングを利用する場合は、買掛金の企業の同意を取り付ける必要がありますので、制度を使っていることが知られてしまいます。そのためにあまり多用することで、自社の社会的信用度が低くなるケースもあるので、使うケースの見極めが必要です。
また、買掛金相手の会社の同意が受けられなくては、ファクタリングによる現金化もできない点もデメリットと言えます。このようなマイナス点も十分に理解しておくことです。

トータル的なオペレーションの中でファクタリング利用

売掛金の早期回収・現金化で大きな役割を発揮してくれるファクタリング制度。金融機関からの融資がしづらい企業やキャッシュフローの改善に悩まされている会社にとっては、とても助かる制度でもあります。
しかし、ファクタリングのデメリットも理解しながら、この仕組みを利用するかどうかを判断しなくてはなりません。
額面以上の現金化ができないこと。
金利を差し引かれた現金化のために、利益見合いも無くなるリスク。
多用による社会的信頼度の低下。
万能な制度のようであっても、それなりのデメリットも伴ってきます。このようはことから、ファクタリングは、あくまで緊急の対応策、打開策として受け止めておく方がいいのかもしれません。
そうすることで、最後の手段として利用することです。

キャッシュフローを改善するには

キャッシュフローを改善するためには、日頃からの企業間取り引きにおいて、自社に不利にならない回収条件を引き出して、資金負担のリスクを最小限に止める努力をしなければなりません。その上で、多くの取り引きで発生した買掛金・売掛金の総合的な動きを把握しながら、トータル的な資金運営が必要になってくるわけです。
このようなオペレーションをしていく中で、どうしても資金調達が厳しくなった時に初めて、ファクタリング制度を使うことが理想的なのです。資金を用意することは、とても大変なことです。
しかし、容易にこの制度を使うことや、全面的に信頼して利用することは控えて、最後の選択肢として考えておくことです。


トップへ