クレジットカード現金化の買取方式に関しての概要


クレジットカードの現金化の買取方式による違いの現状

それまでは質屋さんの店頭などで、ある目的物を持参して見積もり依頼を行い、その上で引き換えに現金を貰うといった形が従来での取引のあり方でした。
しかし近年におけるインターネット環境の整備が様々な形でなされ、様々な形での現金調達手段が生まれ、オンラインでの商品券その他の現物である目的物を現金にしていくという形はもちろんの事、そうした現物以外のものを現金にして調達をしていく事が可能なシステムなども作られていくようになりました。
そうした新しい現金調達の一手段として、クレジットカードの現金化のシステムが考え出され、これ自体を主たる事業として、オンライン及び店舗運営という形で扱う事業者なども出て来るようになりました。

依頼方法の違い

ただ、そうしたクレジットカードのケースでの現金調達システム自体はやはり、それぞれの換金事業者毎の事情により買取方式が異なる現状があります。
オンラインのみでの依頼受付、来店のみでの受付、両方、何れかの形での3パターンに分けられますが、現在のところはやはり、従来には無かったインターネット環境の整備面での充実さがありますので、このようなせいもあって、やはりオンラインでの換金依頼のみを専門的に受け付けている事業者が多い傾向が、今のところとしてはあります。

実際にもオンラインの方が24時間受け付けていて、その上事業者側から後日になって電話などでのやり取りを行うといった形になりますので、日中お仕事に従事しておられたりする方にとっては、とても助かるところがあります。

どういった形の買取方式を選んで、現金化をしていくかがポイント

ここで、自分がどういった買取方式で、買取依頼受付をして換金依頼を受け付けてくれる専門業者を探していくかが、やはり大きな課題になります。
そしてこの課題を解決に導いていくためにもまず、やっておかなければならない事がありますので、この事について今から触れていくようにします。

まずは、換金依頼をして現金の入手をしたい換金希望者本人が、現在の日常サイクルがどのような状態であり、日中の仕事時間の配分や休日なども、どのような設定になっているのかについて、よく知る事がとても大切です。
これらの事をよくしっかりと、基本情報としての把握をしていかなければ換金依頼でのやり取りの際に、相手方である換金専門業者側に迷惑を掛けたりしてしまうような事態にもなりかねませんので、やはり注意が必要です。

自分に合った換金手段

決して難しい換金依頼の直前での準備作業ではありませんので、具体的に把握をしていく必要性はあっても、普段の日常面においての時間配分や生活サイクル自体さえ心得ていれば、大丈夫です。
本当にごく身近な、生活環境面での基本情報の把握作業という形での事前準備になりますので、把握のやり方自体は自分に合う方法で行う形で構いません。

ただ、この作業を必ずやらなければ、効率よい換金依頼の形での現金化を行っていく事自体が困難になる可能性も否定は出来ません。やはり、相手は幾ら換金専門業者とはいっても人間、あるいは人の集まりからなる組織ですので、誠心誠意ある態度で取引へのぞんでいく姿勢がとても大事です。

それでは次の段落から、各種の買取方式について触れていきます。

キャッシュバック方式での現金化の場合

キャッシュバックや現金化の手続きまでの、一連の事の全てを同一である換金専門業者が行う形になります。
この場合、換金業者自体現金のかんげんそのものに関して、手数料を差し引いた現金化を行っていくという現金交付のやり方です。

通常のショッピンングでの場合と同じく、キャンペーン期間のキャッシュバックやポイントなどの還元率で80%台前後で換金手続きを行っていくというような、その方法の過程になりますので、そうした点でとてもありがたい方式のシステムと言えます。

このような形で換金依頼を、オンラインや来店時において行えるようになりますので、そうした面で大変お得であり、中々頼りになるキャッシュバック方式といった仕組みです。

三店方式との違い

何にしろ、三店方式とは異なり、基本的に古物商などの場合と異なり、なるだけ低額な価値の商品を購入する形が従来からのあり方としてある事情もあり、そうした還元率での現金化をしていくというシステムになっています。
このため、換金業者自体も同方式とは異なり、法制度上、古物商としての許可を管轄官庁から得たり、届け出などをそこへしておくなどの必要性がありません。

ただ、こうした同方式での換金依頼の場合、なにぶんにも相手方事業者の姿が見えずらいところは三店方式などと同じですが、換金依頼者が悪質な換金業者への換金依頼などをした場合、その業者を通じてカード会社側へ現金化に関しての情報が漏れたりする可能性や、余計に様々な理由を付けて低い換金率で現金化を完了させてしまう危険などもありますので、慎重に交渉へのぞんでいく事が大切です。

三店方式での現金化の場合

この方式での場合、先に話したキャッシュバック方式などとは異なり、基本的に法制度上なるだけ高く、クレジットカードを換金専門業者が買取をして、現金化を完了させていくといった形です。
そしてこの場合、基本的に換金業者自体も古物商としての許可を得たり、届け出などをしている事が必要になります。

基本的に言えば、三店方式自体はパチンコ店での景品交換などと同じであり、そうした仕様に基付いてクレジットカードの利用可能限度枠内で、換金業者側から指示をされた商品の購入を行い、換金手続きを進めていくというような形になります。
こうした形式内容や仕様になっていますので、キャッシュバック方式で課題とされたりしていた低い還元率などで買取手続きなどを完了させられたりするような心配が無いようにも思えます。
しかし、それでもやはり、クレジットカードの現金化といった点で同方式ならではの課題といったものが確かにあります。

三店方式の危険性

実際に換金手続きをする事業者と現金の交付をする事業者とは法制度上、別々になっていますが、現金交付を実際に行う事業者はシステム上、換金依頼者本人とは直接的な当事者の関係ではありません。そのため、換金手続き業者には悪意が無くても、現金交付業者自体に悪意があったりした場合には、実際の相場などよりも低い換金率による現金交付を完了させられてしまう恐れなどもあります。
あるいは、それらの両者が共に共謀をして、言葉巧みに低い換金率で現金化手続きを完了させていく可能性なども十分にあり得ます。
このように、幾ら三店方式での換金依頼の手続きの場合でも、中々油断が出来ない事態が考えられますので、気が抜けないところもあります。

本当に難しい様々な課題などが以上のようにあったりしますが、法的に対処が出来るところも無い事はありませんので、慎重に換金依頼をしていくための検討や、その手続きへ慎重にのぞんでいく姿勢がとても大切です。

現金化の際での、買取方式と換金率との深い関りについて

これはあまり多く、世の中には知られていないクレジットカードの現金化での実態の1つになります。
今まで話してきたオンラインや来店での、それぞれの買取方式と換金率との関りが、実は大変関係性がある実態があり、この事自体を知る事がやはり大切です。

全般的に言うと、オンライン換金の場合、換金率に関してのシミュレーション体系などを図表などで詳しく公式サイト上で表記をしていたり、あるいは一旦見積もり依頼を換金希望者である利用者側がしてみて納得いかない場合、利用者側が納得するまで交渉に親切に応じたりしてくれるようなところの方が、換金率がやはり高めである傾向があります。
つまり、誠意があり親切さがあるところの方が、換金率が高めな傾向があり、信頼出来る事業者が多い実態がある事が窺えます。

換金率の提示について

確かに接客や電話対応などの面で、問題がある事業者なども存在したりしますが、それでもやはり、そうしたところでも換金依頼を受けた場合にはきちんとまっとうな対応をしながら、公示通りの換金率での換金手続きを完了させて、無事に現金交付をしてくれるようなところもあります。
中々その自分が気になった事業者側の実態を確かめたりする事に関しては、利用者側にとっては中々難しいところがあったりします。しかし、実際に直接電話などでのやり取りをしたりした場合には、大体のそこの事業者の体質などが分かる場合もありますので、そうした面を確かめたりしていく意味でも、直接電話などでのやり取りをしていくのも手です。

今回の記事での、現金化での買取方式の結論として

今回の記事では一通り、クレジットカードの現金化の場合での、買取方式に関しての概要について触れてみましたが、確かにまだまだ、幾らインターネット時代と呼ばれている現在ではあっても、様々な課題が多く存在しています。そして、今回の記事では話していない、今から起き得る様々な課題などが出て来る可能性は十分にあり得ます。

このように、不安と期待の両者が交錯をしているといえる、換金業界ではありますが、こうした同業界においてのあり方はどうしても不可避的なものであり、それ等に基付いたシステムの技術革新、換金環境の改変・改良などがなされたりしても当然、新たな課題が出て来る事は否定が出来ない実態があります(その証拠として、現在普及をしているインターネット環境のあり方がそうです)。
しかしこれらも換金業界が発展をしていく上においても、とても不可欠な事であり、あるいは条件でもあります。

買取方式の経緯

元々はこれも第1段落のところでも触れたように、古代に始まる昔からある質屋に始まり、そして電話やFAXなどを通じてのオンライン換金申込み制度を経て、それから更に現在のインターネット環境を媒介にしたオンライン換金システムへと発展をしてきた、これまでの歴史的経緯があります。
こうした今までの経緯を踏まえてみてもやはり、これからも換金業界においての買取仕様の面での諸課題は生じて来るものと考えられますが、それだけに換金市場そのものが発展している証拠でもありますので、今後も大いに利用をしていく上での、その需要があります。


関連する業者

トップへ