クレジットカード現金化で商品券を利用するのはやめた方が良い


商品券での利用をやめた方が良い理由

クレジットカード現金化をする場合、自分でJCBなどの商品券を購入して換金したり、あるいは商品券を利用して現金化する業者を利用するという方法があります。しかし、クレジットカード現金化をする方法として、こういった商品券を利用するのは避けておいた方が良いといえるでしょう。その理由とはどういった理由があるのでしょうか。
まず、クレジットカードでJCBなどのギフト券を購入し、それを現金化するという場合、還元率が低くなってしまうというデメリットがあります。
そもそも、商品券の買取り価格というのは、元々の買取金額よりも安くなってしまいますので、その分は不利益を被ってしまうといえるでしょう。わざわざ、クレジットカードで商品券を購入するというだけでも、無意味にお金を失ってしまうということになってしまいますので、避けておいた方が良いといえます。さらに、現在持っている商品券を換金してもらいたいという場合にも同様で、金券ショップで販売をする必要があります。
元々、クレジットカードの現金化は、還元率に注目をしなければなりません。クレジットカードの現金化で商品券を利用するよりも、クレジットカードのショッピング枠を利用して、そのまま現金化をした方が、断然還元率は高くなるといえるでしょう。
この方が、ギフト券を換金するよりも、よほど高い還元率で、クレジットカードの現金化を行い、手元にお金を手に入れることが出来るといえるでしょう。

商品券を利用した還元率は

まず、商品券を使ったクレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用することによって、現金などを手元に調達するという方法ですが、個人で行うものと業者を使って現金化するものがあります。
しかし、商品券を利用して、クレジットカード現金化をするのを避けた方が良い理由として、商品券の種類や、業者によって還元率が異なるという理由があります。
業者によって還元率が違うのはもちろんんことですが、さらに、信販会社のギフト券かどうかということと、他のギフトカードでは著しく還元率が異なってしまうといえるでしょう。業者によって、買い取ったギフト券の販売ルートの得手不得手が異なりますので、結果として著しく還元率に差が出てしまいます。さらに、最近では、悪質なクレジット現金化買取業者もあり、広告で出されていた還元率と実際の還元率が違ったり、手数料という名目で、買取手数料を差し引かれてしまい、還元率が実質60%であるという業者も少なくありません。
さらに、最も気をつけなければならないのが、クレジットカードの利用禁止であるといえるでしょう。
信販会社のギフト券を大量に購入してしまった場合、そして支払いを延滞してしまった場合には、クレジットカードが一時的に利用停止措置になってしまうことがあります。
ギフト券を利用して、現金化をする場合には、業者のミスで、このように利用停止になってしまうこともありますので、避けておいた方が良いといえるでしょう。

クレジットカード現金化で一番良い方法とは

このように、ギフト券を利用して、クレジットカード現金化する場合、換金率が低かったりする可能性が高いですし、さらに換金率が低い悪徳業者に引っかかってしまう可能性があります。さらに、クレジットカードが利用停止になってしまうというリスクもありますので、避けておいた方が良いといえるでしょう。
クレジットカード現金化の際には、ギフト券を利用しない方が換金率も良いですし、さらにオンラインのクレジットカード現金化業者を選んだ方が良いといえます。
まず、オンラインの優良のクレジットカード現金化業者を選んで現金化した場合、いつでもどこでも場所を問わずに、利用をすることが出来るというメリットがあります。
さらに、無店舗型のこのようなオンラインのクレジットカードの現金化業者は、換金率が非常に高いため、お得であるといえるでしょう。優良店を選ぶことで、大体85%程度の換金率において、換金をすることが出来るといえます。
また、土日祝でも24時間営業をしているところも多く、忙しい方でも手間がかかりません。ギフト券を利用して、クレジットカードの現金化をする場合、ギフト券を大量に購入したりと、手間と労力がかかりますが、クレジット現金化業者で換金をした場合には、こういった手間もかからず、スピーディーに現金を手元に調達することが出来るといえるでしょう。
さらに、来店不要で利用ができ無審査なので、そういった点でもスムーズに利用をすることが出来ます。


関連する業者

トップへ