クレジットカードを複数持つメリットについて


クレジットカードによって付帯サービスが違う

クレジットカードにはカードごとにそれぞれ異なるサービスが設けられています。その中で優待サービスがあるクレジットカードなどもそのクレジットカードによって提携先が異なっており、用途に応じて上手に使い分けをすることで、より多くの特典を得ることが合できるのです。そのため、クレジットカードを拭く数枚持つとメリットがあるのです。
クレジットカードが使えるお店では、ほとんどの場合がVISAかマスターカードをもっていれば買い物ができたり、サービスを提供してもらえるようになっています。しかし、JCBカードだとたまに使えないというお店もあります。そんな時は複数のクレジットカードを持っていると、JCBが使えなくてもVISAやマスターが使えるので支払いを行うことができます。基本的にはVISAが使えないお店やネットショップはないといわれており、JCBが使えない場合などに備えてクレジットカードを拭く数枚用意しておくと安心です。
また、クレジットカードには保険などの付帯サービスが無料でついていたり、とても充実していることも多いので、旅行によく行くという人などは旅行保険などのサービスが付いているクレジットカードを持つことにはメリットがあります。
そのクレジットカードには他のクレジットカードにはないメリットがあり、複数のクレジットカードを持つことで、そのカードにしかついていないような特典を利用できるという点もメリットなのです。

年会費無料のクレジットカードだったら何枚あっても費用は掛かりません


クレジットカードには年会費が無料のものもあります。一般カードと呼ばれるクレジットカードの中には無料で会員に慣れて、ポイントサービスなどが利用できるクレジットカードもあります。例えば、楽天カードは年会費無料で還元率が1%というクレジットカードで、楽天スーパーポイントがもらえます。そのポイントは有効期限があるものとないものの両方あり、有効期限がないものはポイントもなくなりません。楽天ポイントは、楽天のショッピングや楽天ブックスの買い物など楽天グループの提供しているサービスで支払いに使えますのでとてもお得です。
このようなクレジットカードのように、年会費が無料でポイントの有効期限がないクレジットカードなら、ショッピングの支払いでもらったポイントを利用して買い物ができたり、カードによっては提携先の企業の発行している電子マネーや商品券などに交換することができたり、特典を利用することでショッピングやサービスを利用する際などに割引が受けられる場合もあります。
それぞれのクレジットカードごとに提携企業はあらかじめ決められていますので、クレジットカードを複数持っておくと、交換できる特典の種類が多くなります。そのため、クレジットカードを複数枚持っておくことはメリットになるのです。最近では、一般カードの場合、年会費を払って会員になるカードよりも、無料で会員になれるクレジットカードの方により注目が集まっているといわれています。

JCBカードを持つメリット


クレジットカードは種類や提携先の企業などによって得られる特典は異なっています。そのため、それぞれのクレジットカードには、他のカードにはない特典などが用意されていて、その特典も充実しています。
例えば、VISAは国際ブランドなので、日本国内だけでなく海外に行っても使える機会が多いカードです。JCBカードは日本国内では使えるお店は多いのですが、海外では使えないお店などもあります。また、日本国内でも使えないお店もあります。しかし、日本でJCBカードを持っているという人は多いのです。しかし、ほとんどのお店でVISAカードが使えるなら、なぜJCBを持っているのでしょうか?
この点については、JCBにはVISAにはない特典などがあるという点が挙げられるのです。JCBと提携してカードを提供している楽天カードは、利用することで楽天スーパーポイントが貯まります。そのスーパーポイントは利便性が高く、クレジットカードを持っているとポイントが増えやすいというメリットがあります。スーパーポイントの利便性は高く、同時に税金の支払いでポイントが付くという点などもJCBが選ばれる理由になっているといえます。そのため、JCBにはVISAにはないメリットがあり、これらのカードを両方持っておくことは使い分けをすることができるという点で大きなメリットにもなります。このような理由でクレジットカードを複数持ちするとメリットがあるのです。


トップへ