クレジットカードの還元率とは


還元率を注目する

新しくクレジットカードを作りたい…と考えている方は、クレジットカードでも「還元率」に注目をしてみる必要があります。還元率の高いクレジットカードを集中的に使うことによって、みるみるうちにポイントが貯まり、お得に買い物をすることが出来るからです。クレジットカードを選ぶ場合には、まずは付帯されている海外旅行保険に関してだったり、その付帯サービスなど、機能性や年会費だけに注目してしまいがちです。
しかし、これからクレジットカードでお買い物を賢くする場合には、まずはカードのポイントの還元率に注目してみる必要があるといえるでしょう。クレジットカードの還元率とは、何かというと、クレジットカードで買い物をした場合の、利用金額に対して、何円相当のポイントが反映されるのかということを示すための指標となります。クレジットカードによって、この還元率は異なりますので、どうせポイントを貯めるのであれば、還元率の高いカードを使う方がお得ということになります。たとえば、カードで100円を利用するごとに、1円相当のポイントが貰えるというカードは、還元率が1%となります。
還元率が高いクレジットカードを利用する方が、その分ポイントバックやキャッシュバックなどがその分多く受け取ることが出来ますし、還元率の高いカードを、普段のショッピングだけではなく、公共料金の支払いなどを集約することによって、より効率よくポイントを貯めることが出来るのです。

還元率で節約になる?


このように、クレジットカードでは、その機能性や付帯サービスなどに注目してしまいがちですが、実はポイントの還元率を重視した方が大きく節約することが出来るといえるでしょう。
しかし、クレジットカードを作成する際、勘違いしてしまうのが、「ポイント付与率」です。公式サイトによっては、ポイント還元率ではなく、ポイント付与率のみが記載されていることもありますので、注意をしましょう。いくらポイント付与率が高かったとしても、交換比率が低い場合には、還元率が下がってしまいます。このため、違いを知っておく必要があります。
また、最近では、還元率の高いクレジットカードに関しては、自分自身で調べなくても、クレジットカードの比較サイトがたくさんありますので、ポイントの還元率についても高いカードを選ぶことがしやすくなっています。還元率でカードを選ぶ場合、こういった比較サイトを参考にしてみると良いでしょう。
また、クレジットカードを作成する際「年会費無料」のカードにこだわる方はとても多いといえるでしょう。
しかし、よくよく考えて見ると、年会費がたとえ2000円年間かかってきたとしても、還元率1.5%のカードであれば、年間100万円利用をした場合には、純還元率は、8000円分になります。日々生活をするためには、公共料金など色んな費用がかかります。これらを集約して高還元率のカードで支払いをすれば、ポイントがみるみるたまり、とてもお得になります。

ポイントを貯めれば年会費は関係ない


このように、クレジットカードの還元率に関してですが、年会費よりも、高還元率のカードを使った方が節約には効果的であると言うことが分かります。
還元率は高ければ高いほど良いのですが、しかし、大体何%ぐらいが、高い還元率といえるのでしょうか。
大体のクレジットカードの平均的な還元率は、0.5%といわれています。さらに、年会費が無料で、還元率が1%であれば、かなり高い還元率のクレジットカードであるといえるでしょう。大体の目安を知っておくことで、クレジットカード選びの際に参考になります。クレジットカードを選ぶ際ですが、年会費が有料であっても、還元率が1%以上であれば、還元される金額から年会費を引くことで、プラスになることがあります。
しかし、ここで気をつけることがあります。
たとえば、10%や20%の還元率を謳っているカードでも、実はこの高還元率は特定の店舗や、提携しているお店でのショッピングのみが、高還元率であることも少なくありません。
特定の提携店以外では、0.5%という還元率であることもありますので、注意をする必要があります。さらに、標準のポイント還元率は平均的でも、ポイント2倍サービスを行っていたり、公共料金、携帯電話の代金の支払いでポイント2倍サービスを行っているところもあります。こういったクレジットカードの場合、使い方によっては、ポイントがざくざくと貯まっていくことになりますので、これらも検討してみる必要があります。


トップへ