クレジットカードの還元率とは何なの?


還元率はクレジットカードを選ぶポイントの一つ

クレジットカードの還元率はポイント還元率ともいわれています。クレジットカードの還元率はクレジットカードを選ぶ時の大きな決め手になっていますよね。
クレジットカードの還元率は、クレジットカードの利用金額に対して何円相当のポイントをもらえるのかということを示しており、カードを100円利用するごとに1円相当のポイントを還元してもらうという場合にはポイント還元率は1%となります。
ポイント還元率が高い方が低いよりも還元されるポイントが多く、できるだけポイント還元率が高いカードを選ぶということは重要なことだと考えている人はとても多いのです。
そのため、還元率が1%カードと還元率が2%のカードなら年可否などが無料という場合には還元率2%のカードの方がお得なのです。どれくらい違うのかということですが、年間カード利用が100万円という場合、還元率が1%なら1万円のポイントが還元されます。2%の還元率なら2万円になりますので、この差の1万円は大きいですよね。利用金額が大きくなればなるほど還元率が大きなカードの方がよりお得になりますよね。
そのため、クレジットカードの還元率が大きなものを利用することで節約効果が得られるのです。私たちが毎日の生活で支払う日常品や食費などをクレジットカードで支払えば、そのぶんポイントがもらえますのでお得にショッピングすることができるということになるのです。そのため、クレジットカードは還元率を見て選ぶのがおすすめなのです。

高還元率のクレジットカードとは


クレジットカードの中には高還元率といわれるカードがあります。ではどれくらいの還元率だと高還元率なのでしょうか。この点については、平均的なクレジットカードの還元率が0.5%だといわれていますので、還元率が1%というものはとてもお得な還元率だといえます。
1%をこえる還元率のクレジットカードは年会費が有料のものもありますので、同じ還元率が1%以上なら年会費無料のクレジットカードを選ぶのがおすすめです。しかし、有料のクレジットカードにもよく利用する問お得になりますので、年間のクレジットカードの利用によって得られるカードの還元率と年会費を比べてみて、還元率の方が多いという場合にはお得なカードといえますよね。
また、カードの還元率が0.5%くらいだったとしても、ポイントが貯まりやすかったり、提携先のショップで優待価格で買い物ができるなどの場合、そのお店によく行くという場合にはお得感が大きくなりますよね。
提携先のショップで買い物をした時にはポイントが2倍になるなどのサービスが受けられるという場合にはポイント還元率が0.5%くらいでもお得なカードいえます。そのため、クレジットカードを選ぶという時には、高還元率になっているクレジットカードを選ぶということも大切ですが、クレジットカードの還元率とそのカードによって得られる特典なども含め、自分のライフスタイルに照らして総合的に考えてから選ぶということがおすすめです。

オススメのクレジットカード


還元率などにおいてメリットがあって、よりお得に使えるカードにはどんなカードがあるのでしょうか?そこで、いくつかカードをご紹介してみたいと思います。
ドコモユーザーなどに人気があるdカードをご存知でしょうか?dカードはdショッピングやdファッションなどをよく利用する人にもおすすめのクレジットカードで、これらのショップを利用するとdポイント3%還元されます。また、dケータイ払いプラスで金曜や土曜ならネットショッピングでポイントが5倍になるというキャンペーンなども実施されたり、実質的に年会費が無料となるdカードなどもあって、利用するとお得ですよね。ドコモを利用しているという場合には、年会費10,000円でドコモの携帯やドコモ光の料金が10%のポイント分還元されるというdカード GOLDなどもあるのです。
また、ソフトバンクユーザーならYAHOO! JAPAN カードはおすすめです。2017年6月からソフトバンク会員はYAHOO!プレミアム会員も利用でき、10倍適用されたといわれていて、ソフトバンクを利用しているという場合にはとてもおすすめです。
ソフトバンクユーザーでなくてもTポイント還元率が1.0%というカードで、しかも年会費は無料です。YAHOO!ショッピングやロハコなどをよく利用するという人はポイントが3倍以上になります!
また、お店でショッピングした時にはT-PIONTも貯められ、カードのポイントと合わせると2重取りができるカードなのです。これらのクレジットカードはメリットが大きくておすすめです。


トップへ