クレジットカードのショッピング枠を増額する方法とは


ショッピング枠を増やしたい時とは

クレジットカードといってもゴールドカード以上のステータスの場合には、ショッピング枠が100万円以上というケースがほとんどでしょうから、普通の利用であれば十分足りる額であると言えます。しかし、一般カードの場合などは、20万円とか30万円というケースも多くありますので、光熱費や携帯料金などの生活費の多くをカード払いすると枠がいっぱいになって利用できなくなることもあります。そのようなケースでは、ショッピング枠を増額することで余裕を持って利用できるようになります。それでは、枠を増やすにはどのようにすればよいのでしょうか。
通常、クレジットカードのショッピング枠の増額というのは、ほとんどの方が知らないうちに増額されていたというケースが多いのではないでしょうか。これは、カード会員規約の中で利用状況やその他の事情によっては、枠を増額したり、あるいは減額することができるとなっているからです。つまり、普通に利用してきちんと返済している場合には、いつの間にか勝手に増額されていたというになり、逆に、多重債務などで返済が怪しくなっている場合には、減額されたり最悪の場合には利用停止になったりするのです。もちろん、通知は行われますが、利用明細に記入されているケースや別途はがきなどで郵送されるケースなどがります。
いずれにせよ、ショッピング枠が増額されるケースのほとんどは、カード会社からの連絡で初めて知るという場合が多いのが実情です。

ショッピング枠が増額されやすい場合

それでは、クレジットカード会社から増額の連絡を受けるにはどのような利用法が良いのでしょうか。もちろん、毎月の支払いをきちんと行うことは言うまでもありませんが、もう一つに、設定されたショッピング枠の利用限度額いっぱい利用して見るということもポイントとなります。例えば、ショッピング枠の利用限度額30万円の場合には、普通に生活費の多くをカード払いにすると、他の買い物ではあまり利用できないということになります。30万円の場合ですと、毎月15万円近くを公共料金や携帯料金等々に利用すると、カード会社が途上与信した場合に増額されやすくなる傾向があります。カードをよく利用してもらっているということもありますが、1か月の利用が15万円となリ翌月も同じく15万円近い利用となると、当月の支払いを翌月にするまでに利用限度額の30万円を利用してしまうことになるからです。これだと他の買い物に利用できませんので、最も増額されやすいパターンとなるのです。
もちろん、クレジットカード会社の審査基準や途上与信の方法にもより異なりますが、利用者の状況をしっかり把握して審査を行う業者の場合には可能性は高くなります。多重債務問題が社会問題化している昨今、利用限度額を簡単に増やすことで使い過ぎになることは困りますが、カード会社の本音としては、優良顧客の枠は少しでも増額してどんどん利用してもらい加盟店からの手数料を増やしたいというところなのです。

増額申請して増やせるのか?

毎月きちんと返済して、ある程度利用していたら増額申請の連絡があるというのは分かりましたが、こちらのほうから増額申請するのはどうなのでしょうか。結論から言うと、利用者のほうからは増額申請はしないほうが無難です。理由は簡単で、一部の利用者を除けば、増額申請してくる利用者の場合にはお金に困っている、あるいは困りかけている人が非常に多いからです。リボ払いで限度額いっぱい利用しているケースなどは、まず増額が認められないと考えておいたほうが良いでしょう。場合によっては、途上審査により限度額が減少されることもあり得ます。
また、初回契約時に利用限度額が30万円以下に設定される場合には、温情発行といって、本来であれば否決されるところをカード会員を増やしたいという事情で少ないショッピング枠にしてカード発行されることも多くあります。このケースでは、残念ながら利用者の属性が低いとみなされていますので簡単には増額連絡が来ることはありません。根気よく利用して、信用力を勝ち取る以外にはないということになります。
もちろん、きちんと返済していて収入なども上がっていけば、キャンペーンなどにより自動的に増額されることになります。従って、お金に困ってきたので増額したいというのではなく、クレジットカードのショッピング枠の増額は、きちんと支払いながら連絡を待つということになります。それでも、どうしても枠を増やしたいという場合には、新規でもう1枚クレジットカードの発行を検討するほうがより確実ということになります。


トップへ