クレジットカードでガソリン代をお得に!


石油会社のクレジットカードはメリットがある

車に乗っている場合、車検や自動車税など維持費と同様にガソリン代もかかります。必要な費用なだけに、1円でもお得に給油したいですよね。そんな時、利用するだけでガソリン代がお得になるクレジットカードはガソリン代を抑えるのにとてもありがたい存在です。クレジットカードには、ガソリンスタンドを運営している会社が発行しているものがあります。そのようなクレジットカードだと、ガソリンを給油することで割引が適用され、市かもポイントまで付与されたりしてとてもお得です。
割引のスタイルも様々で、ガソリンスタンドの会社によっても割引の形態も違います。しかし、ガソリン会社の発行するガソリン系のカードには、ロードサービスが入会時の特典として付帯されている場合もあり、わざわざ自身でロードサービスに加入して会員料金を払う必要がないというメリットなどもあります。ロードサービスはもしもの事故などで車をレッカー移動が必要という時などに加入していると安心です。
ガソリン系のカードは、ガソリン代の割引だけではなく、そのような特典なども受けられるクレジットカードもありますので、いろいろと比較して選ぶのがおすすめです。ただ、年会費が別途必要なクレジットカードなどもありますので、費用対効果なども考えて選ぶようにしましょう。
このように、車に乗っている場合、ガソリン系のクレジットカードはガソリン代をお得にしたいという方におすすめのカードです。

石油会社のクレジットカードについて


ガソリン割り引きが受けられるクレジットカードでおすすめのクレジットカードの一つにENEOSカードSがあります。このクレジットカードはENEOSカード会員の店頭価格よりも、請求時にガソリンや軽油が1リットル当たり2円引きになるというお得なカードです。また、灯油なら1リットル当たり1円引きとなり、翌車に乗るという人におすすめです。但し、年会費が1,312円となっており、クレジットカードを年1回の利用することで翌年の年会費が無料になるというカードです。
また、昭和シェル石油でお得に使えるクレジットカードのシェルPontaクレジットカードはPonta加盟の昭和シェルSSで給油すると、ガソリンや軽油1リットルにつき通常ポイント1ポイントが貯まります。また、クレジットポイント1ポイントももらえて、ポイントが合計2ポイント貯まるようになっています。年会費は1,250円となっていますが、Ponta加盟の昭和シェルSSで1年に1回利用するだけで、翌年の年会費が無料になります。
このように石油会社の発行するクレジットカードは、給油するとポイントが付いたり、値引きなどが受けられてお得に給油することができます。しかし、せっかくクレジットカードを作っても、わざわざ遠い場所にガソリンを給油しに行くということなら無駄にガソリンを使ってしまってあまり割引のメリットはないかもしれません。そのため、自宅に近いガソリンスタンド会社の発行するクレジットカードをまずは検討してみましょう。

クレジットカードを選ぶポイント


ガソリン代がお得になるクレジットーカードにはガソリン会社の発行するガソリン系クレジットカードがありました。他にもガソリン会社と提携して割引が行われているクレジットカードを利用するという方法もあります。
例えば楽天カードは年会費が無料になっていて、全国のENEOSサービスステーションで支払いに利用すると楽天スーパーポイントが100円で2ポイントもらえるようになっています。ガソリンが1リットル当たり130円なら、2.6円分のスーパーポイントの還元が受けられますので。このポイント還元はガソリンの給油だけでなく、カー商品やエンジンオイル・バッテリー交換も対象になり、車を維持する上でもメリットがあるといえます。
また、ENEOS以外のスタンドなら、100円につき1ポイントを受け取れるので、遠出をしていてガソリンを給油するといった場合にもお得です。
出光SSで継続給油をするとガソリン代が1リットル当たり最大40円お得になるのがNTTグループカードです。このカードは利用金額1万円ごとに1p、1000円以上1万円未満は一律1pというポイントが付与されます。いろいろと条件がありますがガソリン代をお得にしたいという方におすすめのカードです。
ガソリン代をお得にしたいという場合、よく行くガソリンスタンドでどれだけ割引が受けられるかということと、割り引き額からスタンドを選ぶということを両方考えてからクレジットカードを選ぶということがポイントです。


トップへ