アマゾンギフト券買取!金券ショップで換金できない訳


アマゾンギフト券は金券ショップで売れません

使わないアマゾンギフト券が余っているので、金券ショップで換金してもらおう…と考えている方は多いのではないでしょうか。アマゾンギフト券買取というと、店頭でも買取をしてもらえるだろうというイメージを持っている方は多いです。街中の金券ショップでは、色んな金券を取り扱っています。このため、アマゾンギフト券も店頭買取で換金できるだろうと思ってしまいがちです。
しかし、大黒屋などの大手の金券ショップなどでは、アマゾンギフト券買取を行っていません。
金券ショップというと、大黒屋は大手の業者になりますが、大手の金券ショップでアマゾンギフト券買取を行っていないということは、ほとんどの金券ショップが、アマゾンギフト券の買取をしていないということになります。
そこで、なぜ、金券ショップでアマゾンギフト券は換金できないのでしょうか。その理由について詳しく見ていきましょう。大黒屋を始め、金券ショップでは、アマゾンギフト券自体を取り扱っていませんし、アクセスチケットでも同じように取り扱いをしていません。
その理由として、まずは、そのアマゾンギフト券そのものが、登録済みのギフトであるかどうか判断がつかないという点であることが理由の一つです。
アマゾンギフト券に関していうと、まず、その利用者が買取希望で持ち込んだ、アマゾンギフト券が登録済みであるかどうかは、アカウント登録をしてみなければ分からないという仕組みになっています。

有効期限のあるものは金券ショップで買い取ってくれない

このように、アマゾンギフト券が登録済みのギフトかどうか店頭では、判断をすることが出来ません。
amazonギフト券が登録済みであるかは、アカウント登録をしてみなければ分からないものですし、店頭では、その確認が出来ないといえるでしょう。一度アカウント登録されてしまったギフト券は、二度目のアカウント登録が出来ず、使えない可能性もあります。このリスクがあるため、店頭では買取をしていません。
また、アマゾンギフト券買取をしていない理由には、もう一つ理由があります。
それは、有効期限が設定されていると言うことが理由の一つです。アマゾンギフト券には、有効期限が定められていて、この有効期限が1~3年の間になっています。大黒屋などの買取ショップや、あるいは金券ショップでは、買取りした金券やチケットは店頭で販売を行いますが、有効期限が設定されていた場合には、有効期限が過ぎてしまうと、販売できなくなってしまいます。
有効期限が迫っているアマゾンギフト券買取に関しても問題が生じてしまいますので、最初から買い取らないというシステムを取っています。お店側が損をしてしまう可能性があるので、有効期限のあるアマゾンギフト券買取は行わない…ということにしています。
さらに、アマゾンギフト券以外にも、有効期限が設定されているチケットに関しては、基本的には買取を行っていません。仮に、有効期限が3年以上残っていたとしても、買取自体をしていないのです。

換金できる金券ショップはあるのか

また、アマゾンギフト券が金券ショップで換金できない理由として、アマゾンギフト券は、元々、アマゾンギフト券の売買や、その買取自体が認められていないという理由もあります。アマゾンギフト券買取業者は非常に多いですが、実はアマゾンギフト券などの電子ギフトは、元々再販売が禁止されています。
再販売が禁止されていると言うことから、取り扱うことにはリスクが生じてしまいます。このため、店頭での金券ショップでは、電子ギフトであるアマゾンギフト券を取り扱っていないことが多いのです。
アマゾンギフト券買取サイトは、ネット上に数多くありますが、これはなぜかというと、アマゾンギフト券は、だれにプレゼントしても問題ないことになり、ネット上のこういったアマゾンギフト券は、実際に買取りしているのかどうか分かりません。店頭買取とは違い、ネット上でアマゾンギフト券の買取が行われているのはこういった理由からです。アマゾンギフト券買取は、店頭では行っていないという理由はこのような理由があるといえるでしょう。
しかし、全国には、アマゾンギフト券の買取を行っているショップもいくつか存在しています。このショップですが、都内に6店舗存在するということで、これらのお店の場合には、アマゾンギフト券を取り扱っていて、アマゾンギフト券の買取も可能となっています。
しかし、都内に集中しているため、地方にお住まいの方は、なかなか利用することはできないといえるでしょう。


関連する業者

トップへ